matsumoto00.gif

挫折の連続。それでもやりがいはあった

2004年10月にSMSデータテックに入社しました。運用の技術を深く学びたいと考えていたことがきっかけでした。入社後は、金融系のRT環境立ち上げに始まり、大手SIer系の開発、運用、ISO20000、企画提案など様々なプロジェクトに参画してきました。

プロジェクト・ストーリー1

不良債権を回収するシステムの運用管理者としてプロジェクトに参画しました。技術を身につけるには最高な環境でしたが、はじめは分からないことだらけでした。製品マニュアルや技術情報を読みあさったり、何度も試行錯誤を繰り返したり、時には徹夜をしたりしたものでした。開発環境を勝手に変更してしまい、「勝手に変更しないで」とこっぴどく怒られたりしたこともありました。
matsumoto01.gif
しかし、ある日、転機が訪れました。システム統合の基本設計から運用までの全工程を任されたのです。後から聞いた話ですが、「はじめは変な奴が入ってきた・・・、問題を起こさなければよいが・・・と思っていた。しかし、新しいものに興味を持って、学ぼうとする姿勢を評価できた。」ことが大きかったようです。ポジティブ思考で地道にコツコツと努力していると、いつかは認められることを実感できたプロジェクトでした。

プロジェクト・ストーリー2

大手SIerのメンバとして様々なプロジェクトに参画しました。ベンダの調整からシステム開発、ISO20000、システム移設、業務改善など担当する業務は多岐に渡りましたが、様々な経験を積むことができ、大きく成長することができました。どれも貴重な経験でしたが、3つのプロジェクトを選りすぐって紹介します。

1つ目は、業務改善です。コスト削減のテーマのもと、ITコストからシステム構成、作業まで可視化することから着手しました。そして、どうやってコスト削減するかを検討し、対策を実行した結果、コストを半分までに削減することができました。

2つ目は、稼働中のシステム移設です。データセンターの老朽化に伴い稼働中のマシンを移動させる必要がありました。しかし、データセンターを運営する側の都合であり、お客様にとってはメリットがなくリスクしかなかったため、失敗は許されませんでした。さらに、移設の猶予は4ヵ月しかなく、移設の際に許されるサービス停止時間は9時間しかない厳しい条件でした。この厳しい条件をクリアすべく入念な事前準備を行い、移設しました。

3つ目は、運用設計です。このプロジェクトでは、要件定義から運用設計を中心とした上流工程に関わりました。様々なチームとコミュニケーションをとりながら、プロセスから業務・システム運用、アーキテクチャまで幅広い設計をサポートしました。このプロジェクトを通して、運用への理解が深まり、様々なチームとうまくコミュニケーションをとることができるようになりました。ただ残念なことは、途中でプロジェクトを離れたため、最終結果が確認できなかったことです。
このように、SMSデータテックに入社してからは挫折の連続でしたが、ポジティブ思考で最後まであきらめることなく、がむしゃらに取り組みました。そして、最後には、お客様から「ありがとう」というお言葉をいただきました。ある時には「戦友だった」というお言葉もいただきました。それが嬉しくて、これまで苦しんだ甲斐があったと感じました。そして、いつの間にかに、一回りも二回りも大きく成長している自分がいることに気づきました。

さらに嬉しかったことは、ある日から突然、お客様のから困った時に真っ先に相談されるようになったことです。地道にコツコツとお客様の期待の応えることができるよう努力していると、気付かぬうちにお客様に信頼されるようになっていったのだなと実感した瞬間でした。

第2期の創造に向けて、運用コンサルティング事業を立ち上げる

matsumoto02.gif
地道にコツコツと積み重ねてきた実績、ノウハウを少しでも多くのお客様のお役に立てたいと思うようになりました。ならば、運用コンサルティング事業を立ち上げてしまおうと思い立ったのが、運用コンサルティング事業が生れたきっかけでした。もともと、新しいことにチャレンジすることを歓迎するカルチャーであったこと、社長との距離感が近かったこと、そして、実績を認められたこともあり、すんなりと立ち上げることができました。
運用コンサルティング事業を立ち上げるにあたって、大切にしたい想いがありました。それは、「人の繋がり」です。これまでの経験で、各分野のスペシャリストが力を合わせてお客様のニーズに応える姿を見てきました。一人では解決できない課題でも、「人の繋がり」があれば乗り越えられるのです。また、「人の繋がり」があれば。仕事の繋がりになります。お客様ニーズに応えていれば、何かあった場合に声がかかり次の仕事に繋がるためです。

このような想いのもとで立ち上げた運用コンサルティング事業ですが、立ち上げたばかりで思考錯誤の日々が続いています。それでも、ビジョンや想いに共鳴した仲間たちと共に、あれこれ知恵を出し合いながら、楽しく取り組んでいます。解決すべき課題はまだまだ山積みですが、ワクワクするコンサル事業に育っていることが毎日実感でき、充実した日々を送っています。

走り出したばかりのコンサルティング事業ですが、種まきした中には芽を出し始めたプロジェクトが生れてきています。例えば、大手製造メーカー向けの運用改善です。システム開発の際に運用設計をしていなかったため、運用業務が増える一方のスパイラルにはまってしまっていました。こうった現状を打破すべく、運用の可視化を行い、運用や契約を抜本的に見直しました。

さらに、現在はセキュリティアセスメントを提案しています。運用と同様、セキュリティ設計をしていなかったため、問題が起きた時に原因を特定できない状態になっていました。まずは、セキュリティリスクの洗い出しから着手し、リスク評価を提案しています。

また、他の大手製造メーカーから中長期的な視点でITマネジメントとシステムの方向性を定めるグランドデザインの依頼がきています。
このように数々の芽が出てきていますが、まだまだこれからが勝負です。出てきた芽を大事に育て、どんな雨嵐がきても折れることのない立派な木に育てていきたいです。つまり、SMSデータテックの第2、第3の収益の柱に育てていきたいです。

現在も、社長をはじめとした経営陣と一緒に知恵を絞り、スピーディな意思決定のもと、どんどん新しいことにチャレンジをしています。経営陣だけでなく、社内からも優秀な仲間が続々と集まり、集合天才にさらなる磨きをかけています。しかし、社外からも幅広く仲間を募りたいと考えています。
matsumoto03.gif

求む、誰にも負けないオンリーワンの何か持っている方

matsumoto04.gif
私たちは、

・ミッションをやり切る粘り強さがある
・誰にも負けない得意分野を1つはもっている
・得意分野をとことん追求したい
・得意分野を人に教えたい
・広い視野で物事を捉えることができる
・お客様の喜ぶ顔を見たい
・アイデアをたくさん持っている

方を仲間として募っています。
私たちと共に、運用コンサルティング事業を大きくしていきたい、第2期創業のコアメンバー(主役)になりたいと思った方は、SMSデータテックの門戸を叩いてください。門戸は広く開かれています。

リクルートに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

03-6222-0831


受付時間:月〜金 9:00〜17:00まで
※祝祭日を除く